Posted on

先日AmazonでRakubyスマート家電リモコンを買ったけど、なかなか着かないなと思い荷物の現状を調べてみることにした。

とはいえもともと1~2週間と書いてあったから、ぜんぜん着かなくてもおかしくないんだけど早く着いたという人の記事を見たが為に待ちきれないポチって2日目。

Amazonの配送状況から確認していくと追跡用の番号が見慣れぬ「LO613xxxxxxCN(国際特定記録)」と書かれた番号体。普段あまり買い物をしない身としてはなんだ?となるわけです。

L~CNの追跡番号はチャイナポストだ!

Amazon.co.jpでの買い物だからてっきり国内配送だけだと思っていたら海外発送もあるらしい。表示がバグったのかと思いながら、クロネコヤマトや佐川急便、日通、西濃、福山で入力してみたが、そりゃでない。ネットで調べてみるとこのLO613xxxxxxCNはチャイナポストで使われる番号らしい。

チャイナポストは中国郵政のこと。日本郵政と同じイメージでいいらしく、中国の格安ECサイトのアリババやタオバオで買い物をしたときも活用されるケースが多いらしい。

初の輸入。へーっという感じ。しかしこれはどうしたらいいもんだとなる。


国外宅配でも追跡番号で現状がわかる

国内の宅配物と同様に追跡番号を入力すれば追跡は可能。可能なんだけどあまりに早いと何にも動きが見えない。追跡はチャイナポストからもできるし日本郵政が業務提携をしてるので最初の情報反映にタイムラグはあるものの日本郵政のサイトからもできる。ちなみに素のチャイナポストはわかりづらいので日本語版を用意してくれてるサイト「aftership」を使うとよい。それか日本郵政。


荷物はどれくらいの日数で着くのか

荷物は、

出品者→中国国際交換局→日本国際交換局→関税→最寄りの郵便局→配達完了

となるが交換局に入ってからの動きがあまりないので待ちわびてるとヤキモキする。発送地によって日数も変わり深圳(シンセン)市からの発送が一番早く日本につくらしい。

北京(BEIJING)と上海(SHANGHAI)、広州(GUANGZHOU)がほぼ同じ。地図を見ると深圳(SHENZHEN)より北京のほうが近そうなのに不思議。


ところで頭文字のアルファベットの意味は?

頭文字2文字はアルファベットで表現されていてここでどんな種類の配送なのかを判断することができる。因みに番号は、2桁アルファベット+9桁数字+2桁アルファベットで構成されている。

Eから始まる番号体

国際スピード郵便(EMS)を表す番号体

Rから始まる番号体

国際書留郵便を表す番号体

Cから始まる番号体

国際小包一般を表す番号体

Lから始まる番号体

国際特定記録便を表す番号体


ところで下2桁のアルファベットの意味は?

こっちは分かりやすく、CN=中国発、KR=韓国、SG=シンガポール、US=アメリカ。


最後に…

Rakubyスマート家電リモコンが到着したときの追跡記録。これは深圳から発送され、結果ポチってから8日目の12/17に到着となりました。

1~2週間と書いてあったのでまぁ悪くない感じかな。しかし…定価1720円送料無料だったこの機械。いったい原価はいくらなんだろうか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です