中年枠の予約が取れたのでコロナワクチン1回目の接種をしてきました。各地域で予約方法に違いがあるみたいなのでエリアをお伝えすると地域は神奈川県横浜市です。ワクチンはファイザーを選びたかったのでに、大規模接種会場ではなく市内特設の集団接種会場の予約ができました。

さて、ファイザーワクチンの予約ができて次に気になるのは会場の対応と注射が痛くないのかの二点。

何か参考になれば幸いです。

 

接種会場の流れ

接種は開始時間直前に来てほしいという事前メールに従って2~3分前に到着しました。予約制のためか混雑もなく入場ができました。

普段は地域のスポーツセンターとして利用されてる広い建物で接種会場の期間中は第1・第2に会場を分けてるようで悩むかなと思ったものの、入口から係員の的確な確認と誘導のおかげで会場を間違えることなく予約時間者用の待合い椅子に着席ができました。そして違う係員がすっと現れバインダーを渡しながら必要書類の準備方法をさくっと教えてくれ、準備ができると同時に係員指示のもと順番に移動、要所要所でチェックする係員の対応も非常にテキパキされていて3箇所(3コーナー)のチェック、ワクチン接種まで5分足らずで完了し、経過観察15分すべて含めて20分ちょっとで退場できました。

対応慣れもあるでしょうが係員の良いチームプレーを見た気がします。

 

忘れてはいけないワクチン接種書類三点

・接種券(シールは剥がさない)

・予診票(必要事項を記入する)

・本人確認書類(免許証やマイナンバーカード)

これは忘れないようにしましょう。

あと予約時間ギリギリに会場入り推奨と待ち時間はほぼなかったので予診票は会場で書こうとせず書いていくことをお勧めします(自分も書いてからいきました)

 

筋肉注射は痛いか痛くないか

結論、まったく痛くなかったです。

注射の箇所は上腕三角筋のど真ん中で注射針の抜き差し、薬剤注入もまったく痛みや違和感を感じず2~3秒で終了でした。消毒薬を塗られなければ気づかないレベルでした。

 

帰宅後の体調変化

副反応は結構個人差があると思うので参考まで。

因みに午前11時に接種しました。

 

接種4~5時間経過

見た目に変化ないですが、接種部位に腫れた感じの圧迫感と動かすと鈍痛を感じ出しました。情報番組でいう筋肉痛と表現されたものだと思います。筋肉痛ではないけど圧迫され肩周りを動かしづらい状態でした。併せて37度はいかないまでも体温高め、頭はふわふわして弱めの頭痛は軽い二日酔いみたいな感じでした。

夜中就寝中

変わらず外見は変わらないものの肩周りはパンパンの圧迫感が気になり眠りは浅く、深い眠りに落ちた直後の無意識の寝返りで肩関節を動かしたようで鈍痛で目を覚まし、浅い眠り、深い眠りに落ちて寝返って鈍痛で目を覚ます、を明け方まで繰り返しました。途中で気づいた肩を保護する寝方。横向きで目を覚ますときはわきの下に、仰向けで目を覚ますときは腕の下に枕を挟むと肩関節を曲げずにすむのですぐ眠りにつけました。長めに寝れました。これはよかったです。

 

翌日の体調変化

体調は?

熱はまったくの平熱。体調は、普段どおりのときと頭痛と気だるさを感じる時を繰り返しました。夕方治まったかな、と思った頃に立ちくらみのような感じとだるさを感じました。そして横になって一眠りしたあとは大体普通になりました。

肩の圧迫感は?

肩もそのころになるとだいぶ楽になり、時間が経つにつれて圧迫感はなくなり寝る頃には少し張りを感じるくらいまで楽になりました。

 

 

以上がファイザーワクチン接種1回目の状況でした。

モデルナを打った知人や職場の人は漏れなく1回目に38度の発熱、2回目が40度近い発熱が1~2日間下がらない状況だったのでファイザーは副反応が軽そうですね。


0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です