2021年9月13日にKDDIが新サービスの発表会を開きました。

ベテランMNO三社はだいたい同じサービス発表で結局横並び続き、その中で最近は、KDDIは全体的に後手に回った発表が多かった印象でしたが今回のKDDIの発表はpovo2.0を筆頭に独自色がある面白い発表でした。

今回は2021年9月下旬受付開始予定のpovo2.0についてまとめました。

 

本領発揮のpovoの名前はpovo2.0!

docomoのahamo対抗と政府やマスコミ対応のため新ブランドをすり減らしてはじまったpovoですが、仕切り直した2.0でサービス一新、ちゃんとトッピングが映えるサービス体系になりました。

 

povo2.0の月額基本料は0円!!

トッピングしなければ月額基本料は0円です。これをベースプランと呼ぶようでベースプランでできることは従量課金の通話と低速通信です。

・通話:30秒あたり20円(税込22円)

・SMS:1通あたり3円(税込3.3円)

・データ通信:送受信最大128kbps

 

トッピングは3ジャンル!

ジャンルは現在3ジャンルです。

・データトッピング

・コンテンツトッピング

・通話トッピング

使い方に合わせた組み合わせができるようになりました。

 

データトッピング

高速通信をするためのトッピングです。外出が減ったので出かけるときだけギガをチャージするという使い方ができるのは魅力です。

そして普通に使う人もまとめ購入になりますが90日間で料金が割引に、180日間ではさらにギガも増量されて利用できます。

名称金額
データ使い放題330円/24時間
データ1GB追加390円/7日間
データ3GB追加990円/30日間
※au:ピタット4GB 3278円/月
※UQm:3GB 1480円/月
データ20GB追加2700円/30日間
※au:類似なし
※UQm:25GB 3828円/月
データ60GB追加
(30日間20GB相当)
6490円/90日間
(30日間2164円相当)
データ150GB追加
(30日間25GB相当)
12980円/180日間
(30日間2164円相当)

 

コンテンツトッピング

現在はDAZNとsmash.の2種類です。

比較になりますがDAZNは月額1925円です。一年中ずっとスポーツ動画を見る人は良いですが特定の試合だけという人にはpovoの金額設定がピッタリです。

smash.はauで月額で550円で利用なので滅多に使わない人には良いのかもしれないですね。

コンテンツトッピングは期間が短い替わりに低額で利用できるので今後も利用したいときだけ利用するコンテンツトッピングが増えると良いですね。

名称金額
DAZN使い放題パック760円/7日間
smash.使い放題パック220円/24時間

 

通話トッピング

競合の楽天モバイルはプレフィックス方式とはいえ通話かけ放題を月額無料で提供してますが、KDDIブランド内ではauやUQモバイルと比べて割安で利用できる点はメリットです。

名称金額
5分以内通話かけ放題550円/月
※au:770円/月
※UQm:10分内770円/月
通話かけ放題1650円/月
※au:1870円/月
※UQm:1870円/月

 

ギガが貰える#ギガ活が斬新

高速データ通信をするためにはデータ量を購入して使う方法が一般的ですが、購入以外で入手することができる新しいビジネスモデルです。もらったプロモコード入力でチャージします。

#ギガ活はデータ量を対象店舗を利用したり対象店舗の支払いにauPayを利用することで「もらう」、街中やバーチャル空間で「探す」、店舗やオンラインサービスの抽選で「もらう」ことができます。消費者としては安く利用できる手段が増えるのはありがたいです。配布されるデータ量は300MB(3日間利用)、1GB(7日間利用)と十分なデータ量なのも良いです。

コンビニやドラッグストアなど街中によく見かける店舗が#ギガ活に協賛しています。

 

注意すること

かなりお得に使えることがわかりましたがいくつか注意しないたいけないことがあります。

0円利用は解約の恐れあり

ベースプランの0円で180日以上経過すると契約解除になる可能性があるようです。まだ詳細はアナウンスされていませんが一定額以上の有料サービスを利用しないといけないみたいです。楽天モバイルも同じようなことをしていますが電話番号は有限資源なので仕方ないでしょう。

データトッピングは月額ではない

データトッピングの中に30日間、90日間、180日間があります。これらは月額ではなさそうなので例えば30日間のトッピングなら8月1日に利用開始すると8月31日は使えないので認識しておきましょう。

今までpovoの人は変更しなければpovo1.0のまま

そのまま使うか変更するかは自分の使い方に合わせればよいと思いますが2.0の受付開始とともに1.0は申し込みできなくなるので注意です。トッピングアプリも2.0は別になるようです。

 

見ておくと良い動画

KDDI新サービス発表会

9/13にKDDIが行った発表会の映像です。三太郎の長尺のCMから始まりpovo2.0の他にも、5Gエリアの拡充状況、メタバース、イーロンマスク氏の米スペースXとの業務提携、鬼滅コラボ、三太郎トークショーと盛りだくさんでした。

スマサポチャンネル

色々なサイトがpovo2.0を取り上げていますが、寸劇をとりいれながらpovo2.0について分かりやすく面白く説明していたのでお勧めです。

最後に…懐かしくもやっぱり新しい

プリペイド方式の携帯電話を思い出しました。プリペイド式携帯電話は通話したいときだけプリペイドカードを購入して通話時間をチャージするというものでした。似てますね。

今の日本にはなかったサービス形態なので浸透させていく努力はまだまだ必要だと思いますが、協業しているシンガポールのCircles Asia社と、povo提供のために設立されたKDDI Digital Life社は、軌道を戻せたことと、多くのマスコミが好印象で取り上げてくれているのでまずは一息つけたんではないでしょうか。

そしてまだKDDIの本丸ブランドauの秋冬モデルの発表などがないので年内のKDDI発表はまだまだ楽しみです。

 


0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です