Posted on

2019年 昨年失敗した家庭菜園にリベンジする。

2018年はミニトマトと茄子の種を蒔いてみた。結果、ミニトマトは花までで実らず終わり、茄子は見守ってたけど花が咲いたらアサガオだった…。

いくつかの茄子の中で数本アサガオではなく全部アサガオ。

そんなことあるか??

とりあえずだめだった点はいくつかわかってるので同じ轍を踏まないようにいこうと思う。基本なのでこれから家庭菜園をする人は守っていただけたらと。

ということで2018年の失敗…

1 種まきの時期が遅かった
種の紙袋には地域別の種まき時期が書いてあり4~5月と書いてあるので間違いない。仕事で忙しかったとはいえ7月中旬じゃ成長足りなかったよね。

2 水まきが疎かだった
息子と一緒にやろうと言ったが息子は当然飽き、俺は仕事の忙しさにかまけ…。そんなときは夜に蒔いたけどしおれてたな。翌朝は復活してたけど。

3 摘むべき芽を摘まなかった
もはや1と2に比べたらたいしたことではないけど、ミニトマトの成長に感動し、余分な芽を摘まなかったので栄養が分散した可能性あり。

素人は苗を買ってきた方が失敗しづらい?楽?らしいが、2019年、またしても種からいきますよ。今回は違う野菜ですけど。成長記録をつけれたら、と。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です