MNO各社が「20GBで2980円だ」「通話料別20GBで2480円だ」と言って言われているその裏で、楽天がなにを打ち出してくるのかと思っていたら、ワンプランだがデータ通信料が4段階制で同じ20GBなら他キャリアより500円から1000円安く、1GBまでの利用は最安で「月額無料」、だけど音声通話は定額利用可能というというプランを発表してきた。

これはなかなかパンチがあるね。

一人当たりの単価は下がるが顧客獲得コストは下がり解約率も下がる。黒字化のタイミングは変わらないと予測しているらしい。

ahamoもpovoもSoftBank ONLINE(仮)も安くした分人件費を下げる名目で代理店受付をしないオンライン専用プランにしてシンプルの名の下に既存サービスから利用できないものが増え結果申込のハードルをあげたが楽天モバイルは今までと同じで店頭受付もできるという分サービス品質も担保。

データ無制限で2980円、20GBまでなら1980円、3GBまでで980円、1GBまでに収まれば無料という神サービス。

楽天モバイル使っているけど、エリア内だけど、楽天の電波なんてほとんど掴まないので早くエリアのカバー率を上げてほしい。

KDDIローミングで5GB超えても1Mbpsでるしたいして不満はないけどね。

楽天モバイルがahamoやSoftbank on LINEやpovoの登場と、それらとの差別化で価格調整をするMVNOに刈り取られるかと思いきや逆転しそうでこれからが楽しみ。でもMVNOはPHSのように淘汰されていくのではなかろうか。MNOとMVNOの棲み分けを整備した国が壊すきっかけをつくってくっていう。。。巨大NTT帝国が復活できたので総務省もNTTもあとはいいのかもしれないが。

再編が進みそう。

カテゴリー: リーマン日記

0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です