Posted on

うちのむすめの2歳の誕生日が近いということで記念の写真撮影に行ってきた。

 

よめ「スタジオで写真撮るなんて、こんなことできるの生まれたときくらいなんだから。いいの。(あなたの小遣いより高いけど)いいのよ。」

 

息子のハーフバースデーあたりに撮影したときのよめの名言。

 

 

あれから6年。

なんだかんだで「こんなこと」はできており、毎年1回は撮影してるな…。子供の成長をお洒落に残せるのは良いもんだと思う。

 

さて今回も毎年何かの記念で来ている「ハピリィ フォトスタジオ 横浜みなとみらい店」にお願いしましたよ。

 

ちなみに段取りはすべてよめです。しっかりしてます。

横浜みなとみらい店は神奈川県横浜市のみなとみらい地区にあるクィーンズスクエアの4階。

余談だけどクイーンズスクエアのショップが入っているエリアは「アット!(at!)」とか「イースト(East)」とか洒落た名前だったのにいつの間にか「東急スクエア」といういかにも商業エリアな名前に変わってた。(調べたらだいぶ前。2017年10月27日からでした)。

 

さて夕方、仕事を早めに切り上げてクィーンズスクエアの4階に着いたが、うちの家族は誰もいない。

キッズフォトスタジオでこどもたちの撮影にキラキラしてるママたちが受付してる中にうちの家族がいないかチラチラ覗き見る夕方の疲れくたびれたサラリーマン…。なんかイヤ…。

 

よめ「こっち」

 

なぜか違う場所から現れるよめ。

 

どうやら今年の夏にスタジオスペースを今までの2倍に増床してたらしい。今までの受付場所と撮影場所は見た目そのままで少し離れた区画にも新しく受付と撮影ルームを作ったらしい。

 

 

そりゃ見つからんね。

 

今回撮影予約した部屋は新しくできたスペースにできた「Zephyr(ゼフィール)」という部屋。

らしい。大人な感じのお洒落な部屋です。

 

撮影の衣装に着替えに消えるこどもたち。

 

むすこはわからんが、むすめはお化粧とウィッグをつけるのだそうな。

 

とはいえ、

 

むすめはいうこときかない自由人だし、むすこはすっかりカメラを恥ずかしがる年頃。だからむすめはカメラを構えると見たがっていうこと聞かず近寄ってくるし、むすこは親が向けるカメラに視線合わせない、笑わない、ポーズをとらない。

 

よめ「スタジオで写真撮るなんて、こんなことできるの生まれたときくらいなんだから。高くてもいいのよ」

 

今年こそ最後かもしれないな…。

 

着替え完了。お洒落スーツのむすこと、予定通りのお化粧をしてドレスを着たむすめが登場。

 

美男美女。=完全親バカ。

 

よめ「むすこ、整髪料とかつけたらって行ったのに拒否ったのよ(怒)」

 

俺「おーむすこー、かっこいーじゃん」

 

むすこ「…」

 

やはり、今年が最後かもしれない。

 

残念だが、もしも来年からこれがなければちょっと俺の小遣いに気を回して貰えるかな。本当に残念だが。

 

撮影開始。

撮影は、カメラマンが1人とコーディネーターが1人の2人でやることがほとんど。カメラマンの女性が現れ、そのあとにコーディネーターの女性が現れた。

 

さすがプロ。むすめはプロの盛り上げに終始ニコニコしながらちゃんと撮影をされ、カメラに視線を合わせない息子もお姉さんふたりとキャッキャニヤニヤしながらされるがままにポーズをとり、誉められニヤニヤ、カメラ目線をし、誉められ、そして笑顔を振りまき、和やかに撮影が完了。

 

できあがる写真の説明を受け会計も終わったあとにお姉さんにバイバイされてニヤニヤが止まらないむすこ。

 

むすこよ、

 

お父さんはおまえが男と改めて実感でき安心だ。

 

これは来年も撮影はありそうだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です