この記事は、

「GoogleAdSenseの自動広告掲載コードの貼り方」

の備忘録です。

 

Google AdSenseはあらかじめコードをひとつ埋め込むだけでブログの各ページに自動で広告掲載をしてくれる機能があります。

広告はGoogleのスマートテクノロジーが適切な広告、掲載位置を決めてくれるので手間いらず。

 

超便利です。

 

自分でページにあわせて広告を選ばなくていいしレイアウト管理もしなくていいし、広告の期限が切れて貼り直しをしなくていい。ズボラな自分にはぴったりです。

ひとつある問題は、一度コードを埋め込むと滅多なことで触らないのでコードが消えたことに気づいたときにはやり方を忘れてるということですかね。

そんなときのための備忘録です。

 

自動広告のコードが消える理由

WordPressの見た目を左右する外観(テーマ)の更新をすると消えることが多いです。更新のタイミングでヘッダー情報はリセットされるのですかね。

テーマを自作している人には無縁の悩みかもしれません。

当たり前ですが広告を掲載するためのコードがなくなれば自動広告は掲載されません。広告収入で生計を立ててたら死活問題ですね。

 

対策はできるのか

主な対策は二つで「外観(テーマ)の更新をしない」か「Google Site Kit」プラグインを使うことでコード埋め込まず自動広告を出すようにしておく、だと思うんですが、前者は理由があるから更新通知がされているので更新した方がいいでしょうし、後者は便利なんですが切断されていることがあるので安心できません。

結局はコード埋め込みを覚えておきGoogleAdSenseで収益が途切れてしまったらチェックと埋め込みをすることがベストです。

 

コードの埋め込み手順

GoogleAdSenseからコードをコピーする

1 GoogleAdSenseサイトを開く

2 ログインする

3 左上の ≡ をタップ

4 左メニューの 広告 をタップ

5 サマリー画面の サイトごと をタップ

6 広告掲載の自動化下の コードを取得 をタップ

7 ポップ画面の コードをコピー をタップ

 

WordPressのヘッダーにコードを埋め込む

1 管理画面を開く

2 左メニューの 外観 をタップする

3 外観配下の テーマエディター をタップする

4 テーマファイル header.php をタップ

5 選択したファイルの内容の中から </head> を探す

6 見つけた </head> の一行上の行を改行し空白の行を作る

7 GoogleAdSenseでコピーしたコードをこの空白行に貼り付け

8 ファイルを更新ボタン をタップ

 

これで完了です。

広告がサイトに表示されるようになるまで30分~1時間かかることもあるそうなので、それくらいの時間待ってから広告が掲載されているか確認しましょう。


0件のコメント

コメントを残す

Avatar placeholder

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です