docomoに景品表示法違反(優良誤認)の恐れがあるそうです。

docomoがドコモショップ運営の代理店に指示をし、ahamoのプレエントリー開始前の12月からahamoに興味を持った他キャリアユーザーに、まだahamoは開始されないが先に他社からdocomoのギガホ等に移っておいたほうがahamoへ移行するのがラク。MNPの手続きを手伝うのでと説明をしてギガホ等に加入させたらしいのです。

どこに景品表示法違反のおそれがあるのでしょうか。これは他社からdocomoのギガホ等に移っておいたほうがahamoへ移行するのがラクという部分だそうです。

MNPは対面手続きの場合、説明が必要なため時間と手間がかかります。これをWEBで行えば説明を受ける必要はないでしょう。

ここが商品やサービスが競争販売する他社より優れているわけではないのにあたかも優れているように偽って宣伝することが優良誤認にあたる可能性があるようです。

他キャリアのままでいてahamo開始のタイミングで移れば料金プランを一時的に変更する手間もありません。

ahamo目的で予めdocomoに加入した人にはahamoプレエントリー期間になってもへ変更するため手続きをした代理店から連絡は求めていなかったとのことです。

このニュースを見て確かにahamoの発表がされたあと、私の近所のホームセンターのフリースペースでahamoののぼりをたてたドコモショップスタッフが促進活動をやっていたことを思い出しました。WEB専用の料金プランでそれを行ったために安くできるとしていたプランなのになぜドコモショップスタッフがのぼりを立てて販売促進をしているのかが疑問でしたがこれが事実なら納得はいきますが真実はどうなんでしょうか。


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です