あつまれどうぶつの森が映画化されるようです。

海外で、ホラー映画で、えっ??

たぬきちがゾンビですかね?

どうやら、あつめてどうぶつの森(以降あつ森)の世界を映画にするのではなくNintendo Switchとあつ森がホラー映画のメインアイテムとして登場するようです。この映画の原案はYouTubeで現在公開されているジュリアン・テリーの短編作品「Don’t Peek」です。これをティムール・ベクマンベトフが長編映画にします。

ティムール・ベクマンベトフて誰?

どんな作品に関わってるのか調べました。たくさんある中から有名な作品を羅列しました。

・ハードコア(2017)

・エジソンズ・ゲーム(2020)

・サーチ(2018)

・ベン・ハー(2016)

・雪の女王 あらたなる旅立ち(2015)

・リンカーン 秘密の文書(2012)

・アポロ18(2012)

ジュリアン・テリーて誰?

どんな作品に関わってるのか調べました。この方は今回のDon’t Peekの前にもいくつかホラー系の短編作品を作っています。スマートスピーカーを題材にしたWHISPER、暗い夜中の病院を題材にしたThe Nurseなど。現在4作品がご自身のYouTubeチャンネルで配信されています。

Don’t Peekはどんな話?

夜中。薄暗い部屋の中でベッドで横になりながらあつ森で遊ぶ女性。あつ森の中でイベントが起きると部屋の中でも不思議なことが起きはじめます。Don’t Peekの再生時間は6分強。英語が苦手でも映像で展開が分かる作品でした。

このブログの下にYouTubeをリンクしたのでよろしければご視聴ください。

Dont Peek

Whisper

The Nurse

怖くなったら気分転換にガッキーCMをどうぞ


0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です