Posted on

大人の事情で後出しじゃんけん状態で発表したdocomoのahamo、なかなか斬新。

docomoなのにdocomoブランドのサポートインフラを利用せず、申込、サポート、docomo.ne.jpドメインが使えないだけで20GBのデータ通信と5分かけ放題とぜんぜんエリア拡大しないけど5GネットワークをMNO品質で利用できて2980円とはどんなからくりなのか。

そんな単純なお財布分けで利益をだせるもんなんだろうか。

下げろ下げろの要請でここまできたけど政府の要請で安さを売りにしたMVNOをしのぐ割安感。

PHSのときみたいにMVNO事業者の淘汰が進むのか。。

MNOもただ指を咥えず2980円の横並びにするんだろうか。。

通信業界は波乱の2021年になるのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です